gold suit

タイトル

素材感を変えて体型カバーをするスーツの着こなし方

マットなウール素材のスーツに、プレーンな同色インナーを合わせただけでは変化やアクセントがありませんので、全体が大きなかたまりに見えてしまい、体型をカムフラージュすることもできません。
そこで必要になってくるのが「異素材を合わせる」という視点です。
プリントのストールやインパクトのあるアクセサリーで変化を出すというコーデを、スーツのように上下同じ色・素材の服を着るときのテクニックとして覚えておくと便利です。
同じ色で全身をコーディネートすることは、スーツ以外にもよくあります。
特に多いのが黒を着るときで、艶のないマットな黒で上下を決めると、まるでブラックフォーマルのようになってしまいます。
黒で色をそろえるときは特に、素材の違いがハッキリ分かる工夫が必要となります。
同じ黒でも光沢感や透け感のある素材、レザー、そして光りものなど、質感に変化や遊びのある異素材同士を組み合わせるのがコツです。
服だけでなく、バッグやアクセサリーなど、小物の異素材感もプラスして、さまざまな色合いの黒をちりばめると、スタイリッシュな着こなしになります。

体型カバーもできるスーツの襟なしジャケット

スーツの襟なしジャケットはフォーマルに、の先入観で着こなしがちですが、カーディガン感覚でもっと気軽に着こなせるアイテムです。
セレクトの一番のポイントが素材感で、ツイードのような凹凸感のある表情を持った素材を選ぶと、ジャケット自体に強さがあるので、インナーやボトムスの素材を選ばずに着まわせます。
革ジャンのような感覚で着こなすようにするとよいでしょう。
インナーの襟を見せないとき、見せるときを想定して、あきすぎず、詰まりすぎずの、自分の鎖骨ラインに合った、ほど良いあきのネックラインのものを選びます。
ツイードのような凹凸感のある素材は1枚で十分なインパクトがありますので、インナーには薄手の素材のものが好相性です。
サテンや綿ローンなどと組み合わせるとよいでしょう。
ヒップの体型カバーのために、長めの丈を選ぶと落ち着いた感じになりすぎ、老けて見えてしまいますので注意が必要です。
ほど良い短さの丈のものを選ぶとよいでしょう。

『スーツ 体型』 最新ツイート

@J11111324

@chata_chata3 ガッチリした体型にスーツ! 良いですよね〜(^ ^) あ、これも小野さんで繋がるご縁。 フォローさせて頂いても良いですか?

30分前 - 2018年11月21日


@meta_fiction_KT

なんかもう、こんな体型を人前に晒すの無理…ってなってしまってスーツ写真すら撮れずにいる はぁ…

33分前 - 2018年11月21日


@philomichan

今年の7月と今日の体型比較。 腹周りがだいぶ痩せて嬉しい〜!! でも違う画面でアンダーバストも見れるんだけど、胸囲との差が10cmしかなかった…。 カップ数Dだと思ってたけどAなん?? ZOZOスーツだとバストはちゃんと出ない… https://t.co/ZGLMB2reSR

41分前 - 2018年11月21日


Copyright 2015 gold suit All Right Reserverd.