gold suit

タイトル

素材感を変えて体型カバーをするスーツの着こなし方

マットなウール素材のスーツに、プレーンな同色インナーを合わせただけでは変化やアクセントがありませんので、全体が大きなかたまりに見えてしまい、体型をカムフラージュすることもできません。
そこで必要になってくるのが「異素材を合わせる」という視点です。
プリントのストールやインパクトのあるアクセサリーで変化を出すというコーデを、スーツのように上下同じ色・素材の服を着るときのテクニックとして覚えておくと便利です。
同じ色で全身をコーディネートすることは、スーツ以外にもよくあります。
特に多いのが黒を着るときで、艶のないマットな黒で上下を決めると、まるでブラックフォーマルのようになってしまいます。
黒で色をそろえるときは特に、素材の違いがハッキリ分かる工夫が必要となります。
同じ黒でも光沢感や透け感のある素材、レザー、そして光りものなど、質感に変化や遊びのある異素材同士を組み合わせるのがコツです。
服だけでなく、バッグやアクセサリーなど、小物の異素材感もプラスして、さまざまな色合いの黒をちりばめると、スタイリッシュな着こなしになります。

体型カバーもできるスーツの襟なしジャケット

スーツの襟なしジャケットはフォーマルに、の先入観で着こなしがちですが、カーディガン感覚でもっと気軽に着こなせるアイテムです。
セレクトの一番のポイントが素材感で、ツイードのような凹凸感のある表情を持った素材を選ぶと、ジャケット自体に強さがあるので、インナーやボトムスの素材を選ばずに着まわせます。
革ジャンのような感覚で着こなすようにするとよいでしょう。
インナーの襟を見せないとき、見せるときを想定して、あきすぎず、詰まりすぎずの、自分の鎖骨ラインに合った、ほど良いあきのネックラインのものを選びます。
ツイードのような凹凸感のある素材は1枚で十分なインパクトがありますので、インナーには薄手の素材のものが好相性です。
サテンや綿ローンなどと組み合わせるとよいでしょう。
ヒップの体型カバーのために、長めの丈を選ぶと落ち着いた感じになりすぎ、老けて見えてしまいますので注意が必要です。
ほど良い短さの丈のものを選ぶとよいでしょう。

『スーツ 体型』 最新ツイート

@SuperFreeBoy119

人の第一印象は 髪型と服装で決まる パッとみたときに たとえ顔がさほど整っていない人でも 髪型がしっかりセットされてて ジャストサイズのスーツ着てれば 普通の感性の人なら 第一印象は好印象だろう 顔、体型はこの2つでなんとかカバーできる

8分前 - 2019年02月20日


@bombiehiro

@Poteto_Sigma 対魔スーツで締めてるとしたらそれより微妙にふとましいのかも……あれ?対魔スーツ外しても体型に差は出ないよな?何で出来てるんだアレ……

4時間前 - 2019年02月20日


@shitappa_home

毎回スーツオーダーしてるせいで過去の自分の体型が今の自分にマウントしてくる。デブだぜお前、と。つらい。

5時間前 - 2019年02月20日


Copyright 2015 gold suit All Right Reserverd.